まはろ埼玉



福祉事業計画相談支援

MESSAGE

一人ひとりに最適な支援を提案します

障がい者、障がい児を取り巻く環境は人それぞれ
体や心の状態も、ご家族や周囲の環境も
一人ひとり違うから
必要なサポートも一人ひとり違って当然
それぞれの状況や目標を丁寧に理解し
障がいがある方がよりよい日常を送れるように
最適な利用計画を立案する
それが計画相談支援事業の使命です

計画相談支援のサービス内容

専門スタッフが真摯に向き合います

障がいがある方に最適な支援を提供するのは容易ではありません。障がいの程度もご家族や周囲の環境も、これからの生活の目標も一人ひとり違うから、利用計画の立案は一人ひとりとじっくり向き合うことから始まります。

経験豊富なスタッフが、ご本人やご家族の希望を丁寧に聞き取って現状と課題を把握。適切な目標を設定して、相応しいサービス・支援利用を提案します。

様々な支援を受けることで、少しずつ生活の幅が広がって笑顔が増えるように。

まはろ相談員が真摯に向き合います。

立案~サービス利用まで1つの窓口で対応します

こんな流れでサービス・支援利用の計画から手続きまで1つの窓口で対応します。

面談で現状把握
ご本人やご家族とじっくりお話。アセスメントを行います。
利用計画立案
アセスメントに基づいて利用計画を立案。何のためにどんなサービスを利用するのか、丁寧に説明します。
事業所や行政との連絡調整
関係者と連携してスムーズなサービス利用をサポート。
ケース会議やモニタリング実施
ご本人やご家族の意向、事業所から利用状況を聞き取って利用計画を改善します。

ヘルパーステーションなど幅広い社内事業と連携して

まはろにある医療連携や放課後等デイサービスまはろ、訪問介護など幅広い視点で連携が図れます。利用開始までの手続きもスムーズです。利用開始後もお互いに情報交換し、利用者様の変化に応じて利用計画を改善し、最善を尽くします。

ヘルパーステーション
居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護・移動支援で日常生活をサポートします。
放課後等デイサービスまはろ
障がいがある児童・生徒を対象に、個性を大切にした療育を提供します。
児童発達支援
障がいがある未就学児を対象に、放課後等デイサービスまはろ・小学校への進級に向けた療育を提供します。