まはろ埼玉

 

福祉事業児童発達支援

MESSAGE

基礎的なチカラを伸ばして、
小さな子どもたちの未来を拓きます

じっと座って食事ができない
すぐに気が散って集中できない
これじゃあ小学校なんていけないんじゃ・・・
なんとなくずっと心配だったこと
まはろに通い始めたら、だんだん大丈夫と思えてきた
小さな子どもたち専門だから
楽しく通っているだけなのに、できることが増えていく
ちゃんと前に進んでいける

児童発達支援のサービス内容

未就学児専門だから安心です

未就学児の対応には特に専門性が求められます。1歳違えば発達の度合いがまったく異なり、同じ年齢でも個人差が大きいのがこの年頃。まだ意思疎通も十分できないから、伝え方・教え方にも子どもの気持ちの聞き取り方にも小さな子どもが相手だからこその技術が必要です。

まはろでは未就学児指導の知識と経験が豊富な保育士・児童指導員など専門スタッフが、1人ひとりに合わせてきめ細かく対応。日々の様子を丁寧に把握し、無理なく楽しく子どもたちのチカラを伸ばします。

小学校入学に向けてトレーニング

ご家族や保護者がいちばん心配されているのが、小学校入学です。児童発達支援まはろでは、小学校入学や放課後等デイサービスまはろへの進級に向けて、身のまわりのことが自分でできるようにトレーニング。

食事・着替え・トイレなどの基本的な生活習慣、「座ってお話を聞く」「お友だちと一緒に遊ぶ」といったコミュニケーション、絵本を読む、時計を読むなど基礎的な訓練を実施します。とはいえ、ただ「着替えなさい」と言われてもこの年齢の子どもたちはできなくて当たり前。まはろでは小さな子どもたちが楽しく身につけられるように未就学児専門のプログラムを導入。楽しく過ごすうちに自然とできることが増えていきます。

楽しく体を動かして心身の発達を促します

いろいろな療育プログラムがありますが、特に楽しく体を動かすプログラムをたくさん採用しています。

幼少期には体を動かすことで神経系統の発達も促されます。もちろん元気に動きまわるのはそれだけで気持ちよく、一緒に遊ぶスタッフやお友だちとの関係づくりにも役立ちます。子どもたちの年齢に合わせて、最適なプログラムで心身の発達を促します。

放課後等デイサービスまはろなど幅広い社内事業と連携して

児童発達支援まはろの申し込み手続きは社内の相談支援事業所でも対応できます。ワンストップで対応します。利用状況も相談支援事業所と共有し、一人ひとりの成長を把握しながら利用計画を改善していきます。

小学生になったら放課後等デイサービスまはろに進級できるから、環境の変化に伴う小1プロブレムも関係ありません。通い慣れた環境で引き続きお子様のチカラを伸ばしていけます。